きりんの散歩

趣味は美術館めぐり。生息地は博多。遠くまで行くこともあります。twitter:@kirin11_04

モネちゃん@東京

f:id:kirin1104:20190715211845j:image

一番好きな画家はクロード・モネ印象派の中心的な存在で、睡蓮が有名で、ふわっとして、キラキラしている、あのモネだ。私が美術館にハマったのも、福岡市美術館で開催されたモネ展が凄すぎた故に、初めて行った美術館という空間+モネ作品の美しさ=帰りたくない場所ってあるんだなと、魅力がインプットされてしまったのだった。それからバイトしてお金を手にするまでしばらくかかったけど、沼のように美術館にハマっていったのである。

f:id:kirin1104:20190715211850j:image

 

さて、そもそも美術館ってなに展示してんの?という答えにはとーっても大雑把に企画展と常設展という2つの分け方ができる。ひとつめの企画展は期間限定のいろんな地域の旬なもので美味しいの作りましたという内容で、ふたつめの常設展は大体いつも同じメンツで所蔵している作品で安定のオールスター集めましたって内容ともいえるし、言えないかもしれないし。わたし的な展示内容の分け方からするに、どんな美術館か知りたければ常設展をみるのがイチバン伝わってくる。常設がダサいところは企画もダサくなりがちなのだ。部屋の大きさやどんだけ金がかかってるかなど鑑賞者にとっては些細な違いで、常設展は美術館のセンスが自分と合っているかのバロメーターなので、安いし、気軽に行きたい、ゆっくり鑑賞したい、解説をききたいひとにはオススメ!

私には特に好きな常設展が2つある。ひとつは地元びいき目で見ても素敵な大分県立美術館。朝倉文夫、福田平八郎、岩澤重夫、竹細工、南画など幅広く地域密着の小物から大型作品までバラエティ豊か、且つよく展示内容が衣替えするのも飽きなくていい。ふたつめは国立西洋美術館国立西洋美術館には超ネームバリュー画家が一堂に会しているのに、べらぼうに安い。時にはタダになる。宗教画から印象派、彫刻がずらーーっと並んでいるボリューム感と東京なのに混まない見やすさ。

しかも!モネの小部屋があるのだ!!!凄くね?

f:id:kirin1104:20190715212018j:image
f:id:kirin1104:20190715212011j:image
f:id:kirin1104:20190715212050j:image
f:id:kirin1104:20190715212030j:image
f:id:kirin1104:20190715212044j:image
f:id:kirin1104:20190715212024j:image

前置きが長くなったが、そのモネの小部屋がある国立西洋美術館開館60周年記念『松方コレクション展』に行ってきた。ちょっと昔に松方幸次郎というお金持ちが日本に美術館を作ることを夢みてヨーロッパで上質な作品を買い集めたおかげで、国立西洋美術館ができ、モネの小部屋も出来たのだ!ありがとう、松方さん!神だ、ネ申って書きたいくらいだ!戦争の最中で、焼失したり、フランスに留められたり、金銭的な問題で散在してしまったコレクションの激動の運命。ここに存在してくれることの尊さに泣きそうになった。あなたのおかげで日本にいながらも、もっとモネが好きになれたし、会いたい時に会えるよと伝えたい。

内容はいつもは常設展にいる作品が多くて、照明がやや暗く重厚な雰囲気なので「おっ今回はこっちでお澄まし顔だな」と思った(常設展は明るくて、あまり仕切りがないので開放的な空間になっている)。目新しさは正直薄いけど、激動の運命の節目節目の当時の記録も展示されていたり、モネの破損していた大作の修復作品が最後に配置されてたりで、心に沁みるいい展示だった。修復してくれて国立西洋美術館ありがとう、ありがとう…。

f:id:kirin1104:20190715212104j:image
f:id:kirin1104:20190715212056j:image

 

追伸

猫に画家の名前をシリーズでつけたいと思いつき、付けた名前はモネちゃん。連作。

f:id:kirin1104:20190715212125j:image
f:id:kirin1104:20190715212114j:image
f:id:kirin1104:20190715212109j:image

 

モネちゃん@東京

f:id:kirin1104:20190715184409j:image

一番好きな画家はクロード・モネ印象派の中心的な存在で、睡蓮が有名で、ふわっとして、キラキラしている、あのモネだ。私が美術館にハマったのも、福岡市美術館で開催されたモネ展が凄すぎた故に、初めて行った美術館という空間+モネ作品の美しさ=帰りたくない場所ってあるんだなと、魅力がインプットされてしまったのだった。それからバイトしてお金を手にするまでしばらくかかったけど、沼のように美術館にハマっていったのである。

f:id:kirin1104:20190714141250j:image

 

さて、そもそも美術館ってなに展示してんの?という答えにはとーっても大雑把に企画展と常設展という2つの分け方ができる。ひとつめの企画展は期間限定のいろんな地域の旬なもので美味しいの作りましたという内容で、ふたつめの常設展は大体いつも同じメンツで所蔵している作品で安定のオールスター集めましたって内容ともいえるし、言えないかもしれないし。わたし的な展示内容の分け方からするに、どんな美術館か知りたければ常設展をみるのがイチバン伝わってくる。常設がダサいところは企画もダサくなりがちなのだ。部屋の大きさやどんだけ金がかかってるかなど鑑賞者にとっては些細な違いで、常設展は美術館のセンスが自分と合っているかのバロメーターなので、安いし、気軽に行きたい、ゆっくり鑑賞したい、解説をききたいひとにはオススメ!

私には特に好きな常設展が2つある。ひとつは地元びいき目で見ても素敵な大分県立美術館。朝倉文夫、福田平八郎、岩澤重夫、竹細工、南画など幅広く地域密着の小物から大型作品までバラエティ豊か、且つよく展示内容が衣替えするのも飽きなくていい。ふたつめは国立西洋美術館国立西洋美術館には超ネームバリュー画家が一堂に会しているのに、べらぼうに安い。時にはタダになる。宗教画から印象派、彫刻がずらーーっと並んでいるボリューム感と東京なのに混まない見やすさ。

しかも!モネの小部屋があるのだ!!!凄くね?

f:id:kirin1104:20190714143737j:image
f:id:kirin1104:20190714143803j:image
f:id:kirin1104:20190714143751j:image
f:id:kirin1104:20190714143742j:image
f:id:kirin1104:20190714143757j:image
f:id:kirin1104:20190714143746j:image

 

前置きが長くなったが、そのモネの小部屋がある国立西洋美術館開館60周年記念『松方コレクション展』に行ってきた。ちょっと昔に松方幸次郎というお金持ちが日本に美術館を作ることを夢みてヨーロッパで上質な作品を買い集めたおかげで、国立西洋美術館ができ、モネの小部屋も出来たのだ!ありがとう、松方さん!神だ、ネ申って書きたいくらいだ!戦争の最中で、焼失したり、フランスに留められたり、金銭的な問題で散在してしまったコレクションの激動の運命。ここに存在してくれることの尊さに泣きそうになった。あなたのおかげで日本にいながらも、もっとモネが好きになれたし、会いたい時に会えるよと伝えたい。

内容はいつもは常設展にいる作品が多くて、照明がやや暗く重厚な雰囲気なので「おっ今回はこっちでお澄まし顔だな」と思った(常設展は明るくて、あまり仕切りがないので開放的な空間になっている)。目新しさは正直薄いけど、激動の運命の節目節目の当時の記録も展示されていたり、モネの破損していた大作の修復作品が最後に配置されてたりで、心に沁みるいい展示だった。修復してくれて国立西洋美術館ありがとう、ありがとう…。

f:id:kirin1104:20190714151137j:image
f:id:kirin1104:20190714151132j:image

 

追伸

猫に画家の名前をシリーズでつけたいと思いつき、付けた名前はモネちゃん。連作。

f:id:kirin1104:20190714151414j:image
f:id:kirin1104:20190714151410j:image
f:id:kirin1104:20190714151406j:image

 

たましいってどこ?@東京

 

タダほど高いものはないと思わされる面倒な用事のため東京へ。この面倒が終われば休みだ。しかし、東京は魅力的ものがありすぎて休みの日をどれだけタイトなスケジュールにしても、全然見終わらない。例えばボルタンスキー展やウィーンモダン展、虫展、恐竜展、高畑勲展、自然国家展、未開の東京都現代美術館とかとか。

 

そのなかで今回は3つの展示に行くことを支えに東京へ。その1つは『塩田千春展:魂がふるえる』森美術館だ。きっと長くなるので、行った展示は1つずつブログに残そうと思う。

 

日本の現代美術のなかで塩田千春は有名すぎる存在だ。私が初めて目にしたのは日曜美術館でちょっとだけ映った「ウォール」か、NEWS ZEROでの「掌の鍵」だったかで。インパクトが凄すぎていつかは現物を見たいと思い続けていた。やっとこさ行けたのは2018年新潟県の水と土の芸術祭と大地の芸術祭展示の「どこへ向かって」と「家の記憶」だった。テレビ越しでも心掴まれた作家さんの雰囲気をビシバシ感じ取れて幸せだった。

何度でも会いたいし、個展しないかなーって思ってたら森美術館ありがとうありがとう…。森美術館は無駄に広くて六本木にあって、ギラギラした恐ろしいオーラの一流ブランドが立ち並ぶビルの上にあって入りづらいけど、塩田千春展するとか分かってる。まず入り口のエスカレーターところに、あの!新潟でみた!どこへ向かってが出迎えてくれる!好き。


f:id:kirin1104:20190714130132j:image

f:id:kirin1104:20190714130136j:image

f:id:kirin1104:20190714130143j:image

展示内容は赤い糸、黒い糸、小物、映像作品、過去の作品まとめ、窓、ドレス、鞄…あー、素敵空間だ、ここは天国か生まれる前なのか死んだ後なのか。1室目はインスタ映えさせるためのポートレートの撮影現場と化していたが、いや、作品みて!ゾワゾワするとか、包まれているとか、逆に息苦しい感覚とかに圧倒されようよ!!!


f:id:kirin1104:20190714123338j:image

f:id:kirin1104:20190714123333j:image

f:id:kirin1104:20190714123433j:image

f:id:kirin1104:20190714123439j:image

f:id:kirin1104:20190714123649j:image

f:id:kirin1104:20190714123554j:image

f:id:kirin1104:20190714123747j:image

f:id:kirin1104:20190714123751j:image

f:id:kirin1104:20190714123830j:image

f:id:kirin1104:20190714123501j:image

f:id:kirin1104:20190714123457j:image


f:id:kirin1104:20190714124130j:image

f:id:kirin1104:20190714124243j:image

 

全てに目を惹かれた。

 

追伸

私のたましいはどこかをふわふわしてて、美術館に行くと充電される。快適な旅には、どんなに近場でも機内持ち込み可能なキャリーバックが必須である。

 

 

あぁぁあ@熊本

 

デザインあ展 in KUMAMOTO@熊本市現代美術館に行った。ずっとツイッターで色んな人が行ってて楽しかったみたいなので、めちゃくちゃ行きてーー!って思ってた。熊本に巡回してきたの嬉しい。これは行くしかないのだ。

 

どこも撮影オッケーとのこと。太っ腹だ。とにかく子どもが多くて、キャッキャしている。教育テレビがEテレになっても、子どもウケ抜群なのは健在なのだ。どの展示も賑わっていて、大人がやるのはちょっと遠慮してしまうものも全力で取り組んでいる姿を見て、あーこうやって遊ぶのかと声を聞くだけで擬似体験できる。観覧者を観覧するのが楽しいときってあるよね。例えば、前に佐賀県立美術館であった池田学展とかも人がごった返してて芋洗い状態だったけど、周りの人がここにこんなのいるって言ってんの聞きながら回るの楽しかったな。

そしてそして、今回のあ展で1番楽しかったのは体感の部屋!360度スクリーンで最初から最後まで釘付けになる。周りの人も然りに感想を言っていて、前の子どもが「これ好き!」と、紋の書き方でキョロキョロしてたの可愛すぎた。SNSで拡散されてたのが多かった理由はこれかー!頷けるぜ。最後の部屋は、私の心が子どもなのでネジになってクルクル回る展示、体験したかったな。あと、そこに高校生くらいのカップルがクルクルってやつを2人でしてて、展示初日に美術館へ行く相手を見つけてることの眩しさと私もクルクルしたいぞって若さの羨ましさへ思いを馳せながらも展示を後にした。

 

グッズも充実!マステ好きホイホイだったので、ホイホイされた。その後はあ展をもう1周する。妹は展示をみるの早すぎて秒で見失う。たまに合流し、ミュージアムショップで発見した。妹とは美術館での時間の過ごし方が違うので一緒に展示をみる機会が少ない。あと何回行けるんだろね。こういう2人に刺さる展示内容が近くであるといいなー。

 

ギャラリーⅢでは、浦川大志&名もなき実昌 二人展『終わるまで終わらないよ』浦川大志はひと昔前に夕方によく外国風のCMで流れてたワイパーみたいな筆で虹が一筆書きできる、みたいな書き方だなって思ってた。あのCMがなんの宣伝だったか名前が浮かばなくて、モヤモヤしている。名もなき実昌はタイトル面白い。文字化けなんて読むんだろう。平成と令和の作品可愛かったな。目録の展示についての文書で展示タイトルの意味が分かるんだけど、開催期間に意味が込められてる展示はじめてかもしれない。

 


f:id:kirin1104:20190702215308j:image

f:id:kirin1104:20190702215304j:image

f:id:kirin1104:20190702215404j:image

f:id:kirin1104:20190702215408j:image

f:id:kirin1104:20190702215427j:image

f:id:kirin1104:20190702215431j:image

f:id:kirin1104:20190702215456j:image

f:id:kirin1104:20190702215452j:image

f:id:kirin1104:20190702215518j:image

f:id:kirin1104:20190702215512j:image

f:id:kirin1104:20190702215531j:image

f:id:kirin1104:20190702215536j:image

 

追伸

流石に3時帰りの7時出発は大変。あ展で知り合いとニアミスしてるのが城の絵で分かって驚いた。この頃から、実家の猫が廊下によく落ちている。


f:id:kirin1104:20190702220041j:image

f:id:kirin1104:20190702220045j:image

 

デザイナーズチェア@福岡市美

 

北欧の〜といったデザインの企画展に大体展示されているデザイナーズチェア。たまに座れる体験コーナーになっているが、足の長さの設計が一般的な日本人にはおかしいので浮いてぷらぷらなる。地に足がつかないので、入学したての小学生の頃のような感覚がするのは私だけだろうか。色んな展示があったが、欲しすぎるNo. 1椅子だったのは、フィンランドデザイン展でのボールチェアである。とってもふわふわ、とっても静か。隔離された空間に包まれているザ包容力な素敵空間にすっぽり収まれる。ちなみに10万円くらいするお高いお椅子様であるためウチに未導入である。素晴らしいものは高い世界なのだ…。

f:id:kirin1104:20190615191840j:image

 

で、今回は『九州産業大学創立60周年記念美術館特別企画展「Arts & Materialー素材で感じるイスの世界―」』へ福岡市美術館へ。まず55脚って数の多さが楽しさの数になっている。タイトルと作者は椅子を囲むように床にシールが貼られていて分かりやすい。またそれぞれの椅子にはちっちゃいキャプションカードがポツンと乗っていて、丸文字が可愛らしく、サクッと読める文量だった。

 

今回の展示のなかで1番欲しいのはラ・シェーズ。右に寄ると壁みたいになっている。まるで電車の連結部分の隅の席みたいに寄りかかることが出来る。たぶん2人掛けなので、左側にかなりのスペースがある。本とかジュースとか置けるし部屋にちょうどいいなって思った。調べるとこれも素敵なお値段であった。ボールチェアといいラ・シェーズといい、理想が高すぎて全然椅子を買える気がしない。理想だけでなく値段が高いことが主な原因だが!面白くて、しっくりきて、寄りかかれて、買いやすい椅子が欲しいな。


f:id:kirin1104:20190615193724j:image

f:id:kirin1104:20190615193716j:image




f:id:kirin1104:20190615193712j:image

f:id:kirin1104:20190615193704j:image


f:id:kirin1104:20190615193708j:image

 

 

追伸

福岡市美のキッズルーム可愛い。壁のキャラクターはひとつずつ取れる。ミロの作品分からないとちょっとホラーではないかってやつも紛れ込んでいる。


f:id:kirin1104:20190615202127j:image

f:id:kirin1104:20190615193720j:image




今後の予定(仮)@美術館など

タイトル通り。メモ書きみたいなものとして。

 

デザインあ展 in KUMAMOTO@熊本市現代美術館

2019.6.30(日)〜 2019.9.8(日)

*瀬戸内国際芸術祭

2019年4月26日(金)—5月26日(日)

2019年7月19日(金)—8月25日(日)

2019年9月28日(土)—11月4日(月)

*あいちトリエンナーレ

2019年8月1日(木)~10月14日(月・祝)

*塩田千春展:魂がふるえる@森美術館

2019.6.20(木)~ 10.27(日)

国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展@国立西洋美術館
2019年6月11日(火)~2019年9月23日(月・祝)

*マンモス展-その『生命』は蘇るのか-@日本科学未来館
2019年6月7日(金)~11月4日(月・休)

*岡山芸術

2019年9月27日(金)~11月24日(日)

 

全部行けるかわからないけど、とりあえず生きていく糧となる。いま惹かれるのは潮田千春だけど、わたしの中の子供心が愛・地球博の冷凍マンモス見れなかった後悔から絶対にマンモス見たいねって言ってくる。潮田千春とマンモスとモネの会期が被り、会場が東京で被り。これは行けとガイアが囁いている…。

 

追伸

1部であればハガキ職人が揃っている岡村隆史ANNが全体的に強いけど、コーナーでいうと菅田将暉ANNのショートシャンクの空がめちゃくちゃ好きだ。

野良の黒の子@むくむくしたけもの

 

ふらっとポストをみると不在票が入っていた。とくに頼んでいるものはないので、すぐに思い当たりテンションが上がる。

 

先日、絵を買ったのだ。作家の名前はむくむくしたけものさん(twitter:@mukukemo)。今回でうちの子になったのは同作家さんから4作品目。タイトルは『野良の黒の子』。サイズは0号。真っ黒な背景に真っ黒な猫ちゃん。むくむくしたけものさん特有の瞳のない目でこちらを見つめている。

あー、可愛い。ほんと可愛い。絵を買うということは、好きで堪らない1点ものが部屋に、目のつくところに、すぐそこに居るということだ。存在に満足する。癒される。美術館の絵を見るときも、あーこの子はちゃんと綺麗に居るなって眺める。代々きちんと受け継がれてるからそう思えるのであって、うちの子も末永く幸せにしていきたい所存である。

ちなみに絵を欲しいと思ったら、大体は本人交渉や展示会、どこかに所属なら所属先に問い合わせ。購入イメージとして、近年であれば佐賀の池田学の誕生って浮かびやすいけど、庶民的な購入チャンスは色々とある。大好きなクロード・モネフィンセント・ファン・ゴッホはもういないから言えないけど、好きと思ったら好きと発信すべき。そして作品を売っているタイミングが、私の生きている時代と財布事情と合うのは奇跡なのだ。

 

f:id:kirin1104:20190530193032j:image

 

追伸

新しく買った冷感シーツと枕とタオルケットが思ったよりひんやりで、一周回って寒い。